勉強会

投稿日:2021年1月8日  /  天童老野森

皆様お疲れ様です!
カラダラボ天童の片桐です(^o^)

全国的に寒波が来ており、
足元が悪い中ではありますが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私は毎日自宅の除雪で
筋肉痛が続く日々です・・・

年が明け久しぶりの通所に
なる方もいらっしゃる為、
今週は運動内容の振り返りや。
運動を休んでしまうと
どのような影響があるのか、
皆様と勉強会を行いました!

DSC00751

実技や復習も踏まえながらの勉強会。
30秒間でどれだけ立ち座りが出来るか
皆様で確認!

DSC00753

15回以上できると転倒しない
程度の筋力が保てている
証拠にもなるようです!

実際に行う際は安全に配慮して
行ってください。

今回の勉強会の内容ですが、
日本デイサービス協会の調査で
報告があった
コロナ禍の影響で短時間デイサービスを
一週間以上休まれた高齢者の健康状態や
ADL(普段の生活で行っている動作)が
明らかに悪化したこと
について
勉強会を行いました。

普段行っている生活に必要な動作を
評価する方法を用いて調査したところ
一週間以上休まれた方の大半が
全ての項目で悪化する傾向
が見られました。

・歩行(歩きの項目)
・階段(階段を上り下りする項目)
・移乗(立ち上がりや車いすに座り直すなどの項目)

では特に悪化している割合が高いです。

さらに、欠席日数が1ヵ月以上に及ぶと、
また、介護度が高くなるほど、
TUG
(椅子から立ち上がり、歩行と
方向転換を評価するテスト)
が悪化傾向になってしまいます。

外出して運動を楽しむ事で
改善や効果は得られます。

カラダラボ天童では通所しての運動もですが
しっかりと食事でタンパク質を摂取する事
睡眠など適度な休息をとる事も勧めています。

皆様の日常生活に直結する事ですので、
皆様意識して運動や普段の生活、外出を
考えてみて下さいね!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

それでは来週も一緒に運動
頑張っていきましょう!

お疲れ様でした!

This entry was posted in 天童老野森. Bookmark the permalink.